ホルモン剤ってどんなもの?

geaga
ホルモン剤をご存知でしょうか?
投薬経験があるという方もいらっしゃるかと思いますが、そうでない方でもその名前だけは知っているというほど、認知度の高いものともいえるでしょう。
そんな比較的になじみのあるような感覚のホルモン剤ですが、改めて「どのようなお薬なのか」という部分について考えてみましょう。

ホルモン剤の働きとは

まずは身体の中でどのように働くのかについて見ていきましょう。
体内で分泌される女性ホルモンと同じような働きをする成分が配合されているもの。
それが一般的なホルモン剤の説明になります。
女性ホルモンと聞くと、女性のものというイメージがあるかもしれませんが、女性ばかりではなく男性の体内にもあるホルモンなのです。

女性ホルモンについて

先に、ホルモン剤は女性ホルモンと同等の働きをすると記しましたが、では女性ホルモンとはどのようなものなのでしょうか。
卵胞・子宮内膜の成長を促すのが「卵胞ホルモン」です。
それと、子宮内膜の厚みを維持し健全な状態を保持する役割を持つホルモンが「黄体ホルモン」です。
このように、女性ホルモンと一言で言ってもいくつかの種類が存在しているのです。
そして、ホルモン剤においてもさまざまな種類があるのです。
治療などに取り入れていく際には、卵胞ホルモン・黄体ホルモン剤のいずれかを利用することが多いのですが、症状や状態によっては双方を取り入れていくというケースもあります。

ホルモン剤を使用されるケースについて

医療現場では、多くの疾病にホルモン剤を使用しています。
特に用いるケースが多いものとしては、月経困難症やPMSなどといった「月経周期」にかかわる治療に処方もしくは投薬を行うことが多いでしょう。
さらには、子宮内膜症・子宮筋腫・子宮ガン・乳ガン・不妊症などといった婦人科系統の疾患の治療改善にも用いられることがあります。
これらを総称して「ホルモン治療」と呼んでいます。

ホルモン剤の効果について

raega
ホルモン剤を投与することで、体内のホルモンバランスに直接働きかけを行えます。
ですから、不調が明らかな点に部分について非常に高い効果を発揮しているといえるでしょう。
しかし、その分副作用が現れるということもあります。
時にはそれが強く出てしまうこともあるでしょう。
実際に、ホルモン剤の不安点として副作用を掲げる方も多いのです。

身体への悪影響とは

副作用は人によっては強く現れてしまうことがありますが、原則としては医師の指示通りに用法・用量を守って服用することによって症状の緩和を期待できるでしょう。
そして、副作用といい雨天についても最小限に抑えることもまた可能なのです。

ホルモン剤で不調を感じたら

ホルモン剤を服用して違和感がある・不調があるなどという際には、早い段階で病院を受診し、医師に相談をするのが良いでしょう。
服用量や薬剤変更などを行うことで改善されるケースが大半です。
我慢をしてしまうという方もまた多いようですがその必要は無いということも覚えておくと良いでしょう。
今では、薬剤の種類も増えつつありますので個々にあわせたものを処方できる環境が用意しやすいのです。

正しく付き合って症状改善を

今回は、ホルモン剤という薬について見ていきました。
正しく付き合っていくことで、その特性を活かし身体症状を改善し疾病の治癒に役立てることが出来るとお分かりいただけたのではないでしょうか。
薬剤については、医師もしくは薬剤師から説明も受けることが出来ますので不安な方は事前に聞いてみましょう。
【ホルモン剤は個人輸入できる!】
■ホルモン剤の個人輸入代行、販売・通販『TOP』 http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/
ホルモン薬
└ホルモン剤で失敗したくない!そんな方におすすめなのかこちらのサイトです。